服作りへの道一覧

ミシンと親しむ。

ドール服作りを始めた頃は、生地に合わせた糸と針をよく知らずにミシンを使っていたので服作りが進まず…ということを繰り返していました。 ミシン糸も番号や太さ、生地に合わせた〇〇用…などがあり無難な#60を使っていましたがやはりニット用はニット用の糸を使うとスムーズに縫うことができ、ストレスフリーに縫えるって感激しました

ドール服コーディネート⑩冬にはコーデュロイスカートで

ドール服を作り始めて、5か月が経ちました。 私の中では一つ目標があります✏ それは【1日1着、試作品または作品を作ること】です。 何かしら毎日1着作ることで、技術も少しずつではありますが上達もしてきました。自分の大切なバービー人形にも着せることも楽しいです。

ドール服コーディネート⑨無地生成り色ハイネック

今回はバービー人形に合う、ハイネックとマフラーの組み合わせを作ってみました😊 バービーは普通体形や細身タイプ様々なので、どちらの体形にも合うハイネックセーターを型紙から作りました。 基本的に、Barbie made to moveという可動式のバービーと、細身のタイプに合わせて 作成しています

ドール服コーディデート⑧マフラーで温まろう

今回はバービー人形やりかちゃん、ジェニーちゃんなどドール達の首元を温めるマフラーを作りました。今まで、既製品で自分が欲しいものを探していましたがなかなか見つからないことも多かったのですがハンドメイドで作り始めてからは、ドールにこういう服を着せたいという思いが叶うこと増えて作っていてもとても楽しいです

ドール服作りについて、考えていること。

最近、朝晩過ごしやすくなってきましたね。お昼間は汗をかくことなく、ドール服作りに専念出来るくらいの心地いい気温に なってきました。そんなドール服作りに夢中になっている私ですが、ハンドメイドするにあたって、毎日必ず実行することを決めています。

試作品作りから繋がるもの②

前回の試作品づくり(ハンドメイド)から繋がるもの①の続きのお話です。どのような服を作りたいか、イメージする。イメージに基づいて型紙を作成する。古着を使用して、試作品を作成する。試作品から反省点をピックアップし、次の型紙を作成する。そして次の試作品を作る。デニムスカート作成しました

試作品づくりから繋がるもの。①

ドール服づくりに目覚めてからは、時間を見つけては試作品を作っています。どのような服を作りたいか、イメージする。 イメージに基づいて型紙を作成する。 古着を使用して、試作品を作成する。 試作品から反省点をピックアップし、次の型紙を作成する。 そして次の試作品を作る。

Language >>